立ち耳のスコティッシュフォールドもスコ座りするの?

「スコ座り」はスコティッシュフォールドによく見られる座り方で、名前の由来にもなっています。
おしりを地面につき、後ろ足を大きく広げて開いた足の間に前足を置くという特徴的な姿は、スコティッシュフォールドの特徴の一つで、可愛い体勢だと人気も高いです。

スコティッシュフォールドは耳が折れ曲がっていることが特徴ですが、通常の猫と同じく耳が立っているスコティッシュフォールドも全体の半数以上存在しています。
立ち耳のスコティッシュフォールドも折れ耳と同じくスコ座りをしてくれるのでしょうか?

スポンサーリンク

スコ座りとは?

スコ座りは、別名「おっさん座り」「おやじ座り」とも呼ばれていて、おしりを地面につき、足を大きく広げて座る姿のことを言います。

壁に寄りかかって座るタイプや、自立して座ることができるタイプなど座り方は猫によって様々です。

↓寄りかかって座るタイプ

↓自立して座ることができるタイプ

スコティッシュフォールドがスコ座りをする理由

そもそも何故スコティッシュフォールドは、スコ座りをするのでしょうか。

スポンサーリンク

スコティッシュフォールドは他の猫より関節がやわらかく、柔軟に関節を曲げることができるため、スコ座りを得意としています。

関節がやわらかいのは遺伝によるもので、ス コティッシュフォールドは、骨の形成の異常が出てしまう可能性もあります。
骨に異常が出てしまった猫は、普通の座り方をしていると骨が痛むためスコ座りをしているとも言われていますが、ほとんどの猫の場合は、グルーミングをするときにスコ座りをすることが多いです。
お腹やおしりをなめる時に一番なめやすい体勢がスコ座りというわけです。
グルーミングし終わった後も関節のやわらかいスコティッシュフォールドはそのままの体勢で居続けることが多く、その姿をよく目にすることができるのです。

飼い主さんがいる空間で猫がお腹を見せている行為は、信頼して安心できる場所だという証拠でもあります。

立ち耳のスコティッシ ュフォールドでもスコ座りはする?

スコ座りはグルーミングの体勢からそのままくつろいでいるというパターンが多く、スコティッシュフォールドの種類自体が関節がやわらかいことが多いため立ち耳のスコティッシュフォールドでもスコ座りをしている姿はよく見られています。
もちろん、折れ耳のスコティッシュフォールドでもスコ座りを全くしない猫もいますし、すべてのスコティッシュフォールドがスコ座りを得意としているわけではありません。

また、スコティッシュフォールドだけでなく、他の猫の種類や日本猫でもお腹やおしりのグルーミングをする際にスコ座りをすることがあります。

まとめ

スコ座りは立ち耳・折れ耳関係なく、得意とする猫もいれば全くしない猫もいます。

スコ座りは一見かわいい姿ですが、もし、関節を痛がっている様子などが見られる場合は病気になっている可能性もありますので注意してみてあげましょう。

スポンサーリンク