長毛猫の毛玉処理!ハサミで切る時の注意点と正しいカット方法

長毛猫はもふもふで可愛いけど、毛の処理が大変です。
毎日ブラッシングしていても、ブラッシングの苦手な猫ちゃんや中々ブラッシングをやりづらい場所に気がついたら毛玉が出来てしまうなんてことも少なくありません。

猫の皮膚はデリケートなため、毛玉を放置すると皮膚炎を引き起こす可能性もあるため、しっかりと取ってあげる必要があります。

毛玉が出来かけの場合は、指などで解くことは出来ますが、毛玉が固まって、指やコームでは解けない毛玉になってしまった時、もうカットするしか選択肢はなくなります。

しかし、ハサミで毛玉をカットする時にしっかりと正しい切り方をしないと誤って皮膚を切ってしまったりするトラブルがあります。
そういったことがないようにハサミを用いる場合は細心の注意を払い、正しい方法でカットする必要があります。
この記事では、長毛猫の毛玉についてと、猫の毛玉をハサミで切る時の注意点と正しいカットの方法をまとめていきます。

スポンサーリンク

長毛猫の毛玉について

猫に毛玉ができる原因は、抜け毛が抜け落ちず毛に絡まってしまうからです。
毛の長い長毛種は短毛の猫に比べて毛玉が出来やすく、こまめなブラッシングや定期的なシャンプーを行わないとすぐに毛玉になってしまいます。

特に、喉や脇の下、お腹あたりに毛玉が出来やすく、これらはブラッシングが苦手な猫ちゃんだと中々やりづらいところと共通します。

猫の毛玉処理の方法

猫の毛玉を処理する方法は、出来た毛玉によって異なります。
まず、毛玉が出来かけの場合は指やコームでほぐしてあげることで毛玉は取ることができます。

喉の周りに細かく出来た毛玉などは何度も繰り返し優しくブラッシングする事である程度は綺麗になることが多いです。

毛玉が固まってしまっている場合

触るとフェルト状に大きな毛玉が固まってしまっている場合は、指やブラッシングだけでは取ることは難しいです。
逆にブラッシングをする事で皮膚を引っ張ってしまい、猫が痛がってしまう場合もあります。
そのため、毛玉自体をハサミでカットする必要があります。
バリカンを使用してもいいですが、音が苦手な猫ちゃんや暴れてしまう猫ちゃんには皮膚を傷つけてしまう恐れがあるため、あまりお勧めできません。

(そもそもバリカンでおとなしく触らせてくれる猫ちゃんでしたら脇の下や喉もおとなしくブラッシングさせてくれる子が多いですし、毛玉は出来ませんよね…)

スポンサーリンク

毛玉をハサミで切る時の注意点

大きな解けない毛玉ができてしまってハサミで切るという選択をされる場合、1番に注意してもらいたいことがあります。
それは、毛玉を引っ張ったまま根元から切らないことです。
猫の皮膚はものすごく伸びます。
毛玉を持って引っ張って切ったところが伸びた皮膚だった・・・というトラブルも少なくはありません。
皮膚を誤って切ってしまうと傷の深さによっては麻酔をかけ縫合しなければならないということもあります。

大切な猫ちゃんに飼い主さんの不注意で怪我を負わせてしまわないよう、ハサミを用いて毛玉を切る時は正しいカットの方法で切るように注意してください。

毛玉の正しいカット方法は?

固まってしまった毛玉をハサミを用いて切る方法は大きく分けて2つあります。

1つ目は、ハサミを用いて毛玉をほどく方法です。

この方法は1番正しい方法で、かつ、余計な毛を抜かずに済むので、出来ればこの方法で解いてあげてほしいですが、少し時間がかかってしまうので、押さえつけられることが苦手ではなく、おとなしく切らせてくれる猫ちゃんではないと中々厳しいかもしれません。

手順

1. 猫の皮膚を切らないよう、毛玉の根元を手で押さえガードしながら、毛玉の上からハサミで十字に切り込みを入れます。

2. 皮膚を引っ張らないように根元を指で持ちながらほぐしていきます。まずは指を使ってほぐし、少しほぐれてきたらクシやコームなどを用いて余分な毛玉を優しく取り除いていきます。

毛玉をカットする方法

おとなしく上記の手順をさせてくれない猫ちゃんや、かなり頑固な毛玉の場合は、毛玉そのものを根元から切る他ありません。

その時は上記に記載したように、絶対に毛玉を引っ張って切らないことに注意し、誤って皮膚を切らないよう根元にコームなどを差し込むか、指で毛の根元を押さえた状態で、毛玉をカットしていきましょう。

さいごに

意外と多い毛玉カットの時にハサミで誤って皮膚を切ってしまう怪我。
大切な愛猫に傷を負わせないよう正しい手順で毛玉をカットしてくださいね!

ただ、嫌がったり暴れてしまう猫ちゃんの場合は、飼い主さんや猫ちゃんがハサミで思わぬ怪我をしてしまう恐れもあるため、無理に自宅でカットを行わず、動物病院やトリマーさんなどのプロにお任せしてしまいましょう。

そして何より大切なのが毎日のブラッシングや定期的なシャンプーという日々のお手入れで毛玉を作らせないことです。
これらのお手入れは毛玉だけではなく、病気の予防にもなりますし、猫も体内に毛を取り込む量が少なくなり、嘔吐などの防止にもなります。また部屋の掃除もある程度楽になりますよね!

ブラッシングを嫌がる猫ちゃんには、得意なブラッシングの道具があるかもしれません。色々試してみることをおすすめします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする