長毛の猫にペットドライルームを使用した感想とメリット・デメリット

私の飼っている猫はドライヤーが大嫌いで、毎回のシャンプーのときに、乾かすことがとても大変で困っていたところ、ペットドライルームという商品を見つけました。

思ってたよりお値段は結構高くて買うかどうか迷いましたが、苦手なドライヤーを少しでもストレスなく風邪をひかないようにしっかり乾かしてあげたいと思い、思い切って購入してみました。

私のドライヤー嫌いの長毛の猫に、ペットドライルームを実際に使ってみた感想とメリット・デメリットをご紹介します!

スポンサーリンク

私の長毛猫のドライヤー嫌いっぷりについてとペットドライルームの購入まで

私が飼っている猫はお風呂よりもドライヤーが大嫌いです。
そもそもお手入れ全般が嫌いで、お手入れのために触られること、押さえつけられることがストレスに感じるようで、爪切りやブラッシングも逃げて唸って噛み付いてと大変な少し手のかかる猫なのですが、お風呂上がりの機嫌が悪いところに濡れた毛を乾かすためにドライヤーを使うと、普段は見ないくらいに警戒して威嚇します。
壁の隅っこに体を押し寄せてウゥーと唸っています。
手を近づけようものなら、本気の猫パンチが飛んできます。

あまりに本気で怒っているものだから、水が垂れない程度の半乾きで全てを乾かすことを諦め、冬場はこたつに放り込んでました、、、

なので実際に綺麗に乾くのは1〜2時間後で、その間猫は全身をひたすらペロペロ舐めていました。

そのくらいドライヤーが大嫌いです。
しかも長毛のため、乾くのが遅い・・・
冬場は風邪を引かないか心配になります。

なんとか出来ないかなと調べたところペットドライルームという商品を発見。

思ったより高いお値段と、閉鎖空間による長時間のドライヤーによるストレスが心配で、もしこれでもダメで無駄になってしまったら軽く捨てられないなくらいのお値段だったため購入には迷いました。

しかし、ドライヤーのストレスから少しでも解放されることと、短時間でしっかりと乾き、風邪予防にもなることを期待して思い切って購入しました!

ペットドライルームを使ってみた感想

まず初めに言いたい感想は、「購入してよかった!!!」です。

あのドライヤーがとてつもなく嫌いで凶暴化するうちの猫が、おとなしくドライヤーされている想定以上の状況にびっくりしました。

もちろんそれぞれの猫によって得意や苦手の差は激しいと思いますので、一概に全ての猫がこの商品を嫌がらないとは言えませんが、うちの猫はホカホカのあったかいペットドライルームで、少なくとも私がドライヤーをかけている時よりはリラックスしてドライヤーをされていました。
もしかすると内心は怖くて嫌だったかもしれないですが、ガチガチに警戒していたり唸っていたり攻撃したりということはなく、20分間程度の間、おとなしくドライヤーされていました。そしてふわふわの乾燥した毛が戻ってきました!!
なんだかポカポカしてご満悦な様子も伺えたくらいです!(笑)

気になる細かい点の感想をまとめます。
(あくまで私個人の感想なので、参考までにしてください)

大きさについて

ペットドライルームは思ったより大きくて、大体キャリーケースと同じくらいの大きさです。
しかし、折りたたんでバックに出来るのでクローゼットの隙間などに収納することが出来ます。

サイズ:約720×470×480mm
(収納時:縦720×横490×高さ145mm)
※商品説明より引用

多頭飼いには嬉しいポイント

多頭飼いには嬉しい2匹同時に入れる程度のスペースがあります!
これが私の中では一番飼ってよかったと思う点。
今までは2匹同時にシャンプーする時は、1匹目をお風呂に入れてドライヤーで乾かし、2匹目をお風呂に入れてドライヤーで乾かすという風にしていましたが、これだけで1時間半以上かかってしまいますし、とても大変でした。

ペットドライルームを購入してからは、1匹目をお風呂に入れてタオルドライ後、ペットドライルームに入れて放置。その間に2匹目をお風呂に入れてタオルドライしてそのままペットドライルームに入れる!
余裕があるときは早く乾かすためにポケットから手を入れてブラッシング。

今までのお風呂が嘘みたいに本当に楽になりました。多頭飼いの飼い主さんにはオススメです!

音について

おそらく猫が一番ドライヤーを苦手とする理由がブォォォという大きな音。
ペットドライルームの音は静かとは説明されていますが、実際に使用してみないとどのくらいの大きさなのかは不安ですよね。

ペットドライルームは、想像以上に静かです!
人間用のドライヤーと比べると本当にこれで乾くの!?と思うくらい静かな音です。

大きな音が苦手な猫ちゃんでもおすすめです。

ペットドライルームのメリットとデメリット

私が感じたペットドライルームのメリットとデメリットをまとめました。

●メリット

・大変な猫のドライヤーが圧倒的に楽になる
・猫がリラックスしてドライヤー可能
・ドライヤーの音が小さい
・ドライヤーの時間が短縮できる
・手を入れてブラッシングでき、更に時間短縮が可能
・2匹同時にドライヤーができる
・コンパクトに収納できる
・病院などに連れて行く際にキャリーケースとしても代用可能
・ドライヤー中に毛が舞い上がらない

●デメリット

・値段が高い
・猫が嫌がり使えなかった場合に出費が大きい
・コンパクトに収納可能といっても畳んだペットドライルーム、ドライヤー本体など置き場所は取る

スポンサーリンク

やはりデメリットとしてはお値段が高いということが一番大きいでしょうか。
おそらく購入を悩まれている方のほとんどはびっくりするくらいの高いお値段ですよね。

ペットドライルームは楽天やAmazonなどで購入しても2万円前後します。
人と違い猫は言葉を話せず、お試しということも出来ないので、実際に嫌がらず使えるかは購入して使ってみないと分かりません。

もし購入してみて、使い物にならなかったら、、、と思うと手が出しづらいお値段ですよね。

しかし、もし猫ちゃんがリラックスしてペットドライルームを使ってくれたら、高価なお値段も気にしないくらいメリットは大きいと思います。

私が購入をした決め手はコレ!

やっぱりお値段が2万円と考えてしまいます。これが9800円だったら即買いしてたと思います。
使えなくてもいいかな、、と思える金額の上限は私の中では1万円以内。

迷って何度も考えましたが、「使えなかったらメルカリで売ればいいのか!」という考えが閃きました。

メルカリで調べたところ未使用製品だと2万円、一度のみ使用している製品だと1.5万円で売れています。
2万円で購入して実際に使えなかったら、メルカリで出品すれば実費は1万以内に収まるじゃん!という考えから購入を決めました。

実際は、とても使い勝手がよく、売ることはしませんでしたが、こういった保険の考えがあると踏み切れますよね。

まとめ

ペットドライルームは確かにお値段は高い商品ですが、猫をドライヤーする手間が省けて、猫も大きな音にびっくりせずリラックスでき、早く全身の毛を乾かすことができる!そして、猫の毛が舞い上がらないそしてなにより、多頭飼いの場合は、2匹同時にドライヤーも可能で、更に1匹をドライヤーしながら、もう1匹をシャンプーできる!という良いとこ揃いの商品です。

正規のサイトから購入するとお値段が更に高くなるので楽天やAmazonで購入するのがおすすめです。

ちなみに私はここで購入しました!
おそらく楽天の中では最安値じゃないかなと思います。

猫のドライヤー嫌いでお困りの飼い主さん、多頭飼いの飼い主さんには本当におすすめの商品なので、猫のストレス軽減のためにも飼い主さんが楽するためにも、検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク