三毛猫(キャリコ)のオスの値段は数千万円!?生まれてくる確率は?

三毛猫は黒・茶・白の三色からなる猫の毛色で、日本では野良猫でもよく見かける毛色ですが、海外ではキャリコと呼ばれており比較的珍しいとされている毛色です。

実は三毛猫は遺伝子の関係上、メスしか生まれてこないため、世の中のほとんどの三毛猫はメス猫です。
しかし、ごく稀に遺伝子が突然変異を起こし、オスの三毛猫が生まれてくることもあります。そんなオスの三毛猫は幸運を呼ぶとされていて非常に高価な値段で取引されることもあるといいます。

オスの三毛猫(=キャリコ)について、気になる値段と、生まれてくる確率についてまとめていきます。

スポンサーリンク

オスの三毛猫(キャリコ)の値段は?

オスの三毛猫は非常に珍しいため、高価な値段で取引されることが多いです。
少なくとも100万以上の値がつくことはもちろん、過去には1000万円や2000万円で取引されたこともあります。

スポンサーリンク

三毛猫は日本猫ではよく生まれてきますが、海外発祥の純血種(例えばスコティッシュフォールドやメインクーン、マンチカン、ノルウェージャンフォレストキャットなど)ではキャリコの遺伝子自体が珍しいため、そもそもキャリコの純血種が珍しいとされています。
純血種のオスの三毛猫が生まれてきたとしたら、数千万という高い値段がつけられることもあります。

三毛猫のオスはそもそも非常に珍しいため、値段相場は存在していないのです。

三毛猫のオスが生まれてくる確率

三毛猫のオスは遺伝子の突然変異から生まれてきます。
それが起こりうる確率は3万分の1と言われています。

染色体の異常から生まれてくる三毛猫のオスは、クラインフィルター症候群と呼ばれる一種の染色体の病気です。
クラインフィルター症候群の猫は繁殖能力がないため、三毛猫のオスは増やすことは出来ません。

オスの三毛猫は幸運を招く!?

オスの三毛猫は、「幸運を招く猫」という言い伝えがあります。
たしかにかなり珍しい猫のため、出会えるだけで幸運ですよね。
オスの三毛猫の値段が高くなる理由のひとつが、幸運を招く猫という言い伝えがあるからとも言われています。

過去に取引された数千万のオスの三毛猫たち

オスの三毛猫の値段で調べてみると過去に数千万の値段で取引された猫がいました。

スコティッシュフォールドのダイリュートキャリコのオスは2000万円、メインクーンのキャリコのオスは3000万円で取引されていました。
しかも買い手が複数人いたとのこと。

高級車やマンションが買えてしまう数千万円という値段でも一部のお金持ちのマニアの方には需要があるということにも驚きです。
そしてやはり、日本猫ではなく、純血種の猫に高値がついていますね。

数千万円で取引された猫たちは、そんなこと関係なくイタズラしながら暮らしているのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする