大人気!レッドタビー&ホワイト(茶白)の毛色の猫の性格は?

猫の毛色は様々な色があり、それぞれの猫の特徴を表しています。

猫の毛色の中でもホワイトが入っている色は人気が高く、明るくふんわりとみえるレッド系と組み合わせたレッドタビー&ホワイトは大人気な毛色の1つです。

レッドタビー&ホワイト(茶白)の毛色についてどのような模様なのかをご紹介します。
また、レッドタビー&ホワイトの毛色の猫に多い性格についてもまとめておきます。

スポンサーリンク

猫の毛色「レッドタビー&ホワイト」とはどのような模様?

レッド系は明るい茶色のことです。
タビーは縞模様のこと。
タビー&ホワイトは、体全体の1/2から1/3に白い部分が入っていると、そう呼ばれています。
脚やお腹が白い毛色になっていることがほとんどです。

スポンサーリンク

レッドタビー&ホワイトは、日本では茶白と呼ばれることもあります。
レッドタビー&ホワイトと茶白はどちらも同じ意味の毛色ですが、血統種の場合は全世界共通の言葉であるカタカナ表記のレッドタビー&ホワイトと呼ばれ、日本猫(野良猫や雑種)の場合は漢字表記の茶白と呼ばれることが多いです。

レッドタビー&ホワイトの毛色の中でも、綺麗にハチワレになっている猫は人気が高いですね。

レッドタビー&ホワイトの性格は?

レッドタビー&ホワイトの猫は、甘えん坊で穏やかな性格が多いです。

レッドタビー(茶トラ)は活発でやんちゃで甘えん坊な性格が多く、ホワイト(白猫)は高貴で繊細でクールな猫が多いです。
レッドタビー&ホワイトの猫ちゃんでもどちらかの毛色の性格が強く出て、やんちゃな性格やクールな性格を持つ猫もいます。

毛色だけではなく、猫種によっても性格に影響は出ますし、何より親猫の性格を受け継ぐ場合が多いです。
そのため、一概にレッドタビー&ホワイトはこんな性格ですとは言えないのでご注意ください。

スポンサーリンク