猫にチューリップは近付けるのも危険!?中毒の症状と危険な理由

猫にとって命にかかわるほどの中毒を引き起こしてしまう植物が身近に存在します。

特に、危険と知らずに近づけてしまう可能性の高いものがチューリップなどのユリ科の植物です。

実はチューリップは猫にとって大変危険な植物で、近付けて花粉を吸ってしまうだけで重度な中毒を引き起こす可能性があります。

この記事では、猫にとってのチューリップの危険性とその理由、チューリップ中毒の症状をまとめていきます。

スポンサーリンク

猫にチューリップが危険な理由

チューリップはユリ科の植物です。
猫にとってユリ科の植物は花粉を吸ってしまうだけでも中毒症状を引き起こすほどの危険な植物です。

特にチューリップの球根は危険性が高く、舐めたり球根に触れていた水を舐めるだけでも中毒症状を引き起こします。

もし、猫がチューリップをかじってしまったとしたら、急速的に毒がまわり、急性腎不全などを引き起こし、命を落としてしまう可能性が非常に高いです。
チューリップを口にしてからすぐに吐き出させて病院に連れて行ったとしても手遅れになることもあり、命が助かったとしても慢性腎不全に陥る場合もあります。
それほどまでにチューリップは猫にとって危険な植物です。

実際に猫がチューリップを食べて死亡してしまった例も少なくありません。

チューリップ中毒の症状

猫がチューリップを口にしてしまった時に起こる症状は、

・下痢
・嘔吐
・脱水症状
・腎不全
・呼吸困難
・全身麻痺

スポンサーリンク

など重篤な症状が多いです。

チューリップの中毒症状の特徴としては、少量でも摂取してしまうと命の危機に陥る可能性が高いこと、そして、症状の進行速度が尋常じゃないほど早いことです。

チューリップを口にしてしまうと当日や翌日には死亡してしまうケースもあります。
すぐに、病院に連れて行ったとしても手遅れになることも少なくありません。

猫にチューリップを近付けるだけでも危険!

チューリップは花なので、花粉を発生させます。
その猫はチューリップの花粉を吸い込むだけで呼吸障害に陥ることがあります。
猫にはチューリップは決して近付けてはいけない植物です。

さいごに

猫にとってのチューリップの危険性をまとめました。

猫ちゃんのいる家庭でもお庭でガーデニングをしている方もたくさんいるかと思いますし、見た目も可愛いチューリップを植えている方も多いと思います。

また、色とりどりのチューリップを部屋に飾ると見栄えもいいため、飾ってしまっている方もいるかもしれません。

猫にとってチューリップは猛毒です。

誤ってかじってしまえば、明日には猫は死亡してしまうこともあります。

大切な愛猫の命を守るために、チューリップの危険性について知っておくことは大切なことです。
決して猫にチューリップを近づけないようにしましょう。
そして出来るなら、飼い主さんも例えお庭であっても、チューリップを育てたりするのは控えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする