スコティッシュフォールドが太りやすい理由と健康な体重を維持する方法

スコティッシュフォールドは日本で人気が高い猫の種類で、血統種の中では一番多く日本の家庭では飼われていると言われています。
人懐っこい穏やかな性格が多く、ペタンと折れ曲がった耳とまんまると目が特徴で、見た目も可愛く初心者にも飼いやすいと言われ、それが人気の理由の1つです。

そんな大人気のスコティッシュフォールドですが、猫の種類の中でも、太りやすいということも特徴です。猫の体重管理は病気の予防にもつながりますので、気にかけていかなければいけません。
スコティッシュフォールドが太りやすい理由と、健康な体重を維持するための方法をまとめていきます。

スポンサーリンク

スコティッシュフォールドが太りやすい理由

スコティッシュフォールドはおとなしく穏やかな性格が多いことが特徴ですが、成猫になるに連れて運動量が他の猫より少なくなることが多いです。
そして、去勢手術・避妊手術をした猫は食欲が増加する傾向があります。
他の猫の種類と比べて、運動量が少ないスコティッシュフォールドは太りやすいため、体重管理には気をつけていかなければいけません。

体重が増えるとどうなるの?

ぽっちゃりとした猫は、のしのしと歩く姿・どすんと寝っ転がる姿など、可愛いですよね。
見た目の可愛さから、太ってもいい、むしろ少しぽっちゃりしてて欲しいと思われる方もいるかもしれません。

スコティッシュフォールドの平均体重はオスは3〜6キロ、メスは2.5〜5キロですので、5〜6キロ以上の体重は太り過ぎと判断します。

猫が平均体重以上に太ってしまうと、病気のリスクが高くなります。
代表的な病気として糖尿病や心臓病などが挙げられます。

スポンサーリンク

特にスコティッシュフォールドは、遺伝子の問題で心臓が生まれつき弱い猫が存在しているため、体重管理にはより一層気にかけていかなければいけません。

健康な体重を維持する方法

●餌を測って与える

餌を与える時は目分量で与えることや、24時間置きっ放しで減ってきたら足すなどの方法で与えることはやめ、1日の規定量を測って与えるようにしましょう。
規定量以上のご飯のおねだりにも応えないようにしましょう。

●毎日遊んであげる

1日30分程度は遊んであげましょう。
子猫の頃から毎日行うことで、遊ばせる癖をつけましょう。
遊んであげることでストレス発散にもなりますので、カロリー消費にもつながります。
猫と遊ぶことは大切なお手入れのひとつですので出来る限り毎日欠かさず遊んであげるようにしましょう。

●定期的に体重測定を行う

猫の体重を記録し、異常がないかを見ることは大切です。
成長期の子猫であれば1週間に1回、健康な成猫の場合は1ヶ月に1回は体重を測定し、記録しておきましょう。
急激な増減があった場合は、獣医さんに相談しましょう。

●おやつを与えすぎない

猫に毎日おやつを与えることは必要ではありません。
おやつを毎日与えてしまうと癖がついてしまうため注意しましょう。
また、おやつの与えすぎは体重増加につながるため、与えるなら1週間に1〜2回程度が妥当です。

さいごに

スコティッシュフォールドが太りやすい理由と体重を増やさないために行うことをまとめました。

大切な愛猫を病気にさせないために、飼い主さんがしっかりと体重を管理する必要があります。
特に去勢手術・避妊手術をおこなった猫は太りやすい傾向にあるため、しっかりと食事や運動の管理を行いましょう。

スポンサーリンク