猫を連れて帰省する時の最適な移動手段は飛行機?新幹線?バス?車?

年末年始や夏休みなどの長期休暇で長く家を空けてしまう時、猫も一緒に実家に連れて行くという選択を取る方も多いです。
今まで決まった交通機関で帰省してた人でも、猫のためを考え、移動手段の選択はかなり頭を悩ませてしまいますよね。

猫を一緒に連れて行く場合の最適な移動手段は飛行機・電車(新幹線)・高速バス・自家用車のうち、どれが良いのかを調べました!

スポンサーリンク

猫を連れて帰省する場合の最適な移動手段

実家に帰省するには、実家の場所や距離にもよりますが、いろいろな移動手段があります。

猫を連れて帰省する移動手段として、飛行機・電車(新幹線)・高速バス・自家用車が主にあげられます。
この中で、最適な移動手段は電車(新幹線)か自家用車です。
複数の選択が出来る場合においては、どちらかを選択しましょう。

電車(新幹線)を選ぶ理由

電車は新幹線・在来線を含め、車内に小動物を持ち込むことが可能です。
飼い主さんの近くにいることで猫に与えるストレスを少しでも軽減させることができます。
新幹線ならば、指定席を取っておくことで、猫が鳴いている時はデッキに移動して落ち着かせることも可能ですし、席に座っている時もテーブルや膝の上にケージを置き、安定させることができます。
揺れが少ないと落ち着く猫も多いです。
自家用車がなく、移動時間が長すぎない距離においては、電車での移動を選択するのがいいでしょう。

自家用車の移動はストレスがかかりにくい?

電車(新幹線)より、自家用車の方がよりストレスはかかりにくいことが多いです。
自家用車だと、移動中トイレをすることも可能ですし、休憩中にケージから出してあげることもできます。また、周りの人達の音も気にならないし、飼い主のそばに常にいることが可能です。
自家用車を持っていて、移動が可能な距離ならば出来るだけ自家用車で帰省することをおすすめします。

スポンサーリンク

飛行機と高速バスの移動について

飛行機と高速バスの移動はあまりおすすめしません。

飛行機に猫を乗せることは可能ですが、国内線の場合は猫を客室がある機内に持ち込むことは出来ません。

猫は客室ではなく、貨物室にケージに入れた状態で入れることとなります。
もちろん空気や気圧は客室同様調節はされてますが、貨物席は客室より気温の変化を受けやすいです。
そのため夏場などの暑い時期は熱中症になりやすいと言われています。

飼い主さんが近くにいない不安と知らない場所で揺れて大きな音がする逃げ場のない空間でストレスを感じてしまう猫も多いです。

しかし、飛行機以外では長時間の移動をしなければいけない場所(たとえば鹿児島⇄北海道など)だと、短時間で着く飛行機は移動手段として選択する他ありません。
何時間も電車に揺られ、トイレもご飯も食べられない方がストレスになることもあります。

高速バスは利用しないでおきましょう
高速バスでは猫の同乗ができない場合もあります。荷物室は空調も効いておらず、猫を入れるのは危険です。
仮に同乗出来たとしても、狭い車内で猫が鳴くことで周りに迷惑がかかりますし、隣の席の人が猫のことを苦手かもしれません。
バス車内は自分の席以外の場所に移動することは出来ません。
猫がケージ内で暴れても隣の席の人が猫のことを苦手でも耐えてもらうしか方法はありません。
長時間、猫を連れてバスで移動するのは迷惑になりますし、トラブルになる可能性もあります。
もちろん、短時間の路線バスは猫と乗ることができますのでご安心ください。

まとめ

猫を連れて、交通機関を使って移動する場合において、自家用車または電車をつかった移動が最適だと言えます。
移動時間が長すぎる距離の場合は飛行機を選択してもいいですが、電車や車で移動するよりリスクが高く、猫にストレスがかかってしまう可能性が高いことを念頭に入れ、連れて帰るべきかペットホテルに預けるべきかを考えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする