新幹線に最大何匹の猫を持ち込めるの?複数の猫を新幹線に乗せる方法

年末年始や夏休みなどの長期休みで帰省する時や、引っ越しなどの理由から、猫を新幹線に乗せて自分と一緒に移動させたいと考えている方も多いかと思います。

新幹線に猫を乗せることは条件を満たしたケースに入れ、手回り品料金を支払うことで可能です。
では、複数匹の猫を新幹線に乗せることは可能なのでしょうか?
新幹線に持ち込むことが出来るペットの最大数と、複数匹の猫を新幹線に乗せる方法について調べました!

スポンサーリンク

新幹線に猫を持ち込む場合の条件

新幹線に猫を持ち込むことは可能ですが、下記のような条件があります。

・長さ70cm以内のケース
・ケースの縦・横・高さの合計が90cm以内
・ケースと動物の重さを合わせて10キロ以内
・車輪のついたキャリーは原則禁止
(車輪を取り外せて範囲内の大きさならOK)
・ペットの全身を覆うケース

この条件を満たしたケース1つにつき280円の手回り品きっぷを購入して持ち込むことが可能です。
また、駅構内や新幹線の車内で猫をケースから出すことは禁止されています。
顔だけ出すこともNGですので注意しましょう。

スポンサーリンク

猫を新幹線に持ち込む場合は手回り品として扱われます。
手回り品は、荷物と同じ扱いのため、猫が入ったケースを置くための座席を確保することはNGです。

新幹線に最大何匹の猫を持ち込めるの?

手回り品は1人につき2つまで持ち込むことが可能です。
また、1つのケースの中に入れていい猫の数には制限がありません。

つまり、猫とケースの重さを含めて10キロ以内のケースを2つまで持ち込むことが出来ます。

成猫1匹は3〜5キロ程度の猫が多いです。
1匹4キロと考えると、1つのケースで2匹入れられるため、成猫なら最大4匹持ち込むことが出来ることになりますね!

子猫の場合は、体重が軽いのでケースの中に成猫よりたくさん入れることが可能です。

複数の猫を新幹線に乗せる方法

猫の入ったケース(手回り品)は2つまで持ち込むことが可能です。
そのケースの重さが10キロ以内なら何匹でも猫を入れても規定には引っかかりません。

手回り品1つにつき280円の手回り品きっぷを購入しなければいけないため、2つ持ち込む場合には手回り品きっぷを2枚購入することとなり、合計560円の料金を支払う必要があります。

手回り品きっぷは券売機では購入出来ないので、改札口の窓口にいる駅員さんに声をかけて購入しましょう。

さいごに

新幹線に猫を最大何匹まで持ち込むことが出来るのか、複数匹の猫を新幹線に持ち込む方法をご紹介しました。

2匹の猫を新幹線に持ち込む場合に、キャリーを分ける必要があるのかはこちらの記事でご紹介してますので合わせてご確認ください。⇒記事リンク

猫を新幹線に持ち込む時の注意点とキャリーの選び方についてはこちらの記事でご紹介してますので、こちらも合わせてご覧ください。⇒記事リンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする