猫を2匹連れて新幹線に乗る方法!手回り品料金とキャリーについて

年末年始や夏休みなどの長期休みの際に実家に帰省する方も多いですが、長期にわたり家を不在にする場合、猫たちも一緒に連れて行くか、ペットシッターにお願いするか、ペットホテルに預けるかを選択しなければいけません。
2匹猫を飼っている方も多いですが、2匹の猫たちを移動させるのは1匹持ち運ぶよりも大変なことは想像できるかと思います。
しかし、ペットホテルに預けるのはかなり値段が高くなるし心配…かといってペットシッターもちょっと不安…できれば愛猫たちと一緒に帰省したい!と考えている方も多いはず。

帰省の移動手段に新幹線を利用されている方も多いですが、猫を2匹連れて新幹線に乗せることは可能なのでしょうか?
2匹の猫を新幹線に乗せる場合の手回り品料金と、持ち運ぶのに必要なキャリーの選び方と車内に2匹の猫を持ち込む方法について調べました!

スポンサーリンク

そもそも猫は新幹線に乗れるの?

犬・猫などの小動物を新幹線に持ち込むことは可能です。
小動物を持ち込む場合には、手回り品として扱われます。
乗車前に手回り品料金を支払い、手回り品きっぷを購入することで、新幹線に乗せることが可能です。

手回り品の規定について

猫は、手回り品として扱われます。
下記の条件を満たした状態でしたら、手回り品として新幹線の車内に持ち込むことが可能です。

・長さ70cm以内
・縦・横・高さの合計が90cm以内
・ケースと動物の重さを合わせて10キロ以内
・車輪のついたキャリーは原則禁止
(車輪を取り外せて範囲内の大きさならOK)
・ペットの全身を覆うケース
・車内や駅構内でケースから出さないこと

猫2匹を新幹線に持ち込むことは可能?

結論からいうと、猫2匹を新幹線に持ち込むことは可能です。

1人につき、手回り品は2つまで持ち込むことが出来ます。
また、1つの手回り品の中に何匹という制限もないため、キャリーの中に2匹いれて、手回り品1つとして持ち込むことも出来ます。

しかし、上記にご紹介した、手回り品の規定を満たすことが条件です。
もし、2匹+キャリーの重さを合わせて10キロを超える場合は、2つに分けなければいけません。

手回り品きっぷを購入する時に重さ測定まではされないので、多少規定をオーバーしてても大丈夫かとは思います。
しかし、確実に大丈夫とは言い切れないのでご注意ください。

スポンサーリンク

猫2匹の手回り品料金について

手回り品料金は、1つにつき280円です。

猫2匹を1つのキャリーに入れる場合は、280円の手回り品きっぷを1枚購入することで持ち込み可能です。

猫2匹を別々のキャリーに入れて持ち運ぶ場合は、280円の手回り品きっぷを2枚購入する(合計560円)ことで持ち込み可能です。

キャリーについて

猫2匹を新幹線内に持ち込む場合は、1つのキャリーに一緒に入れても、2つのキャリーに別々に入れても持ち込むことが可能ですが、猫にとってどちらの方がいいのでしょうか?

●別々にした方がいい場合
まず、1匹でも体の大きい猫がいる場合は、2匹とキャリーの重さを合わせて10キロを超えてしまう場合が多く、1つにまとめることで猫たちがかなり窮屈になってしまうことが予想されます。そのため、2つに分けた方が無難でしょう。

どちらも小柄な猫でもお互いの仲が悪い場合は別々のキャリーに入れて運びましょう。長時間狭い空間で一緒にいて、見知らぬ人や音が行き交う場所にいることでストレスがかなりかかってしまいますし、キャリー内で喧嘩が勃発したら大変なことになります。

●一緒にした方がいい場合
2匹とも4キロ前後の小柄な猫、または、体の小さな子猫の場合で、お互い仲が悪くないのならば、2匹一緒に同じキャリーに入れることで不安な移動時間も猫たちは少しは安心して過ごせる可能性が高いです。

2匹一緒に入れる場合は、2匹とも方向転換出来るくらいの広さがあるキャリーを選びましょう。

さいごに

新幹線内には2匹以上の猫を持ち込むことができますが、1匹でも2匹でもマナーを守り、猫たちのストレスにも配慮して持ち込む必要があります。

こちらの記事で、猫を新幹線に持ち込む時の注意点やキャリーの選び方などを詳しくご紹介してますので合わせてご確認ください。
猫を連れて新幹線で帰省!注意点・料金・キャリーやケースの選び方

猫を2匹連れて、長時間の移動は大変ですが、猫にとっても周りの人達にとってもいい方法で連れて行ってあげてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする