スコティッシュフォールドの平均寿命と他の猫より寿命が短い理由について

スコティッシュフォールドは折れ耳とまんまるの顔が特徴で、その見た目の可愛さと大人しく人懐っこいという性格をあわせ持っています。
その見た目と性格の良さからファンが多く、ここ近年の日本では1番飼われている血統種と言われていて、ものすごく大人気な猫種です。

一緒に暮らす上で、自分の猫はどのくらい一緒に生きてくれるのか、その猫の平均寿命については気になりますよね。大切な愛猫には長く生きて欲しいと誰もが感じるものだと思います。

今回はスコティッシュフォールドの平均寿命についてお伝えしたいと思います。

他の猫より寿命が短いと言われるスコティッシュフォールドですが、平均何年生きることができるのでしょうか?他の猫との比較とスコティッシュフォールドの平均寿命が短い理由も解説します!

スポンサーリンク

スコティッシュフォールドの平均寿命

スコティッシュフォールドの平均寿命は、10〜13年と言われてます。

猫の平均寿命が15〜16年程度で、それと比べるとスコティッシュフォールドの平均寿命は短いです。

スポンサーリンク

スコティッシュフォールドの平均寿命が短い理由は?

スコティッシュフォールドは、誕生した初期に近親交配を行なっていたことにより、雑種などに比べ、体が弱く病気にかかりやすい子猫が遺伝して生まれてくる個体が多いです。骨瘤、内臓疾患や心臓病などの遺伝生疾患を持って生まれてきて、子猫〜若猫の時に発症するケースも少なくありません。
昨日まで元気だった猫が急に心臓発作で命を落としてしまう話をたまに聞きますが、スコティッシュフォールドの割合が多いです。

若いうちに病気を発症し、命を落としてしまうこともあり、スコティッシュフォールドの平均寿命が短くなっています。

まとめ

スコティッシュフォールドが他の猫より平均寿命が短い理由は、元々体が弱く生まれてきてしまう遺伝的な問題と、遺伝生疾患を持って生まれてくることがあることから、若くして命を落としてしまうケースがあるためです。

しかし、全てのスコティッシュフォールドが13年以内に死んでしまうわけではありません。20年以上長生きしているスコティッシュフォールドもいます。

大切な愛猫が長生きしてくれるように、普段から食生活や運動を飼い主さんがしっかりと管理し、定期的に病院で検診を受け、ワクチンを接種することなど、猫の健康に気を使うことを怠らずに暮らしていきましょう。

スポンサーリンク