スコティッシュフォールドのキャリコ(三毛猫)は珍しい?値段は?

スコティッシュフォールドは折れ曲がった耳とまんまるな目・顔が特徴で、穏やかで人懐っこい性格を持っていることから、日本では1番人気な猫種です。

スコティッシュフォールドは、全ての毛色・模様が血統種として認められている猫種です。色々な毛色を持つ猫と交配をして生まれた猫種のため、世界にはいろんな毛色・模様をもつスコティッシュフォールドがたくさんいます。

野良猫や血統種以外の猫ではよく見かける三毛猫ですが、スコティッシュフォールドの三毛猫は珍しいのでしょうか?
また、値段や性格についても合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

そもそもキャリコって何?

キャリコという単語は、血統種の子猫を探してる方以外は聞き覚えのない単語かもしれません。
キャリコは三毛猫のことで、黒・茶・白の三色が混ざっている毛色のことです。
三毛猫と聞けば、どんな毛色か思い浮かぶ方がほとんどかと思います。

日本ではそこまで珍しくない三毛猫ですが、海外では珍しい毛色とされていて、キャリコと呼ばれています。
キャリコは三毛猫の英語名ということですね!

ちなみに、販売されている子猫の毛色が三毛猫の場合は、毛色の項目は三毛猫ではなくキャリコと表記することがほとんどです。
キャリコだけではなく、毛色は英語の呼び方で表記されています。

スポンサーリンク

スコティッシュフォールドのキャリコは珍しい?

スコティッシュフォールドは、スコットランドで生まれた洋猫です。
そのため、キャリコになる確率は日本猫に比べると低くなります。

海外ではキャリコの遺伝子は定着しておらず、かなり珍しい毛色になります。
そのため、キャリコを求めて海外から日本に来る方もいるとか。

白・クリーム・グレーと薄い三毛の毛色を持つダイリュートキャリコは、キャリコの中でも更に珍しいです。
ダイリュートキャリコは柔らかな色合い。持っているため人気が高いです。
ダイリュートキャリコについて

日本では積極的に繁殖されているキャリコのスコティッシュフォールドですが、世界的に見ると数は少なく、珍しい猫と言えるでしょう。

スコティッシュフォールドのキャリコの値段は高くなる?

スコティッシュフォールドのキャリコの値段は、他の毛色のスコティッシュフォールドの相場とほとんどかわらず、15万円〜25万円程度の生体価格で販売されています。

模様の配置が綺麗だったり、折れ耳が綺麗に折れ曲がっているなどの条件で高くなる場合はあります。

キャリコは遺伝の関係上、メス猫で生まれてきますが、ごく稀にオスのキャリコが生まれてくることもあります。その確率は3万分の1と言われていて、仮にオスのキャリコのスコティッシュフォールドが販売されるとすると、数百万の値段がつくと思います。

スポンサーリンク