ヒカキンの猫の値段はいくら?種類・見た目・相場・言動から推測!

大人気ユーチューバーのヒカキンさんが猫を飼い始めて、その猫がものすごく可愛い!と話題になってますよね。

ヒカキンさんは買い物する時はとても私達では手が出せないレベルの金額でモノを購入しているイメージがあります。
ヒカキンさんの買い物理論は細かい無駄遣いはしない分、本当に必要な買い物にはお金を出し惜しみしないスタイルらしいです。

あんな可愛い猫ちゃん、一体いくらで購入したのか、やはり気になりますよね。
ヒカキンさんからは猫ちゃんのお値段は公表されていませんが、大体いくらくらいのお値段で購入されたのか、種類・見た目の特徴・相場、そしてヒカキンさんの言動から予想してみました。

スポンサーリンク

ヒカキンさんの猫の種類・見た目の特徴は?

ヒカキンさんの猫の種類は、スコティッシュフォールドです。
性別は男の子で、しっかりとした折れ耳を持っている猫ちゃんです。
おそらく、耳の折れ方は、見た感じですとダブルフォールドと言われる種類でしょう。


引用先(YouTube)

毛の長さは短毛、毛色はレッドタビーアンドホワイトです。
ヒカキンさんの猫の毛色について詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせてご覧ください。
ヒカキンの猫の「まるお」の毛色の種類は?珍しいカラーなの?

スコティッシュフォールドの価格相場

折れ耳のスコティッシュフォールドの価格相場は20〜25万円程度です。
中には珍しい毛色や美しい色の配分などで30万を超える生体価格がつく子猫もいます。
ペットショップによっては折れ耳スコティッシュフォールドに25〜30万円くらいの生体価格をつけているところもあります。

折れ耳のスコティッシュフォールドの価格相場についてはこちらの記事で紹介してます。
折れ耳のスコティッシュフォールドの子猫の価格は高い?相場は?

ペットショップ、ブリーダーさんからの購入の違いでも値段が異なってくるため、一概に相場がいくらとは言えないですが、大体この程度と考えてください。

ヒカキンさんの言動から推測

その他に飼っている子猫や過去の動画からの生活スタイルなどの気になる言動から、色々推測してみました。

気になる言動その1

購入した時点での子猫の月齢はヒカキンさんの動画で「生後2ヶ月くらい」と言っています。


引用先(YouTube)

スポンサーリンク
気になる言動その2

子猫の紹介動画で「今日連れて帰ってきたばかり」と言っています。
ヒカキンさんは過去の動画から車を所持していないことが分かっているため、自宅から徒歩またはタクシーで行ける距離のペットショップから購入したことが予想されます。

スコティッシュフォールドなどの血統種の子猫を手に入れるもう一つの方法であるブリーダーからの購入は、キャッテリーが都心部から離れたところにあることが多く、キャッテリーの見学などに行かなければいけない条件もあり、多忙なヒカキンさんでは難しいのではないかと考えます。

ヒカキンさんの猫の値段はいくら?

これまでにあげたヒカキンさんの猫の種類と見た目の特徴、言動からの推測をまとめると、このようになります。

・スコティッシュフォールド
・男の子
・折れ耳(ダブルフォールド)
・毛の長さは短毛
・毛色はレッドタビーアンドホワイト
・購入時、生後2ヶ月くらいの子猫
・近くのペットショップから購入した?

ヒカキンさんの猫の毛色はスコティッシュフォールドの中ではそこまで珍しい毛色ではないため、おそらく毛色で高価になることは考えにくいでしょう。
そして毛の長さも短毛のため、長毛に比べて値段が跳ね上がることは少ないです。

また、生後2ヶ月前後の子猫は一番高い値段がつく頃です。
そのため、一度も値下げされていない子猫を購入したと考えられます。

スコティッシュフォールドの子猫の値段が高くなる条件についてこちらの記事で紹介しています。合わせてご確認ください。
スコティッシュフォールドの子猫の価格が高くなる5つの条件


引用先(YouTube)

ヒカキンさんは動画の撮影場所やその他の情報などから、赤坂・六本木辺りに自宅があるのではないかと予想されています。
仮に赤坂・六本木近辺に自宅があるとすると、自宅近くのペットショップは、限られてきますね。

私が調べた赤坂・六本木近辺のペットショップ2店舗ではスコティッシュフォールド・折れ耳・生後2ヶ月程度の価格相場は20〜30万円程度です。

おそらくヒカキンさんの猫の生体価格はそのくらいのお値段だと予想します。

ペットショップの子猫は生体価格+αする!

余談ですが、ペットショップの子猫を購入するときは、提示されている値段の生体価格だけの支払いでは購入できません。

消費税・生命補償・ワクチン代・保険代など色々かかってきて、例えば生体30万円の場合、支払い合計金額は50万円を超える場合もあります。

ペットショップで子猫を始めて購入する方はびっくりしてしまうかもしれませんね。

ヒカキンさんも仮にペットショップで子猫を購入したとしたら、生体価格以外にも支払いを行なっているため、生体価格20〜30万円の子猫でも30〜50万円程は支払っているのではないかと思います。
そう考えるとかなりの金額ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする