メスのスコティッシュフォールドの性格は温厚でおとなしいって本当?

スコティッシュフォールドは折れ耳でまん丸の大きな目が特徴の猫で、日本では大人気の猫の種類です。
見た目がとっても可愛いスコティッシュフォールドは、その性格も温厚でおとなしいと言われていて、人気の理由の一つです。

温厚でのんびりやと言われているメスのスコティッシュフォールドの性格について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

メスのスコティッシュフォールドの性格の特徴

一般的にはメスのスコティッシュフォールドはこのような性格を持っていることが多いと言われています。

一般的な性格
・温厚でおとなしい
・のんびりやでマイペース
・ツンデレ
・人懐っこい
・喜怒哀楽が少ない

のんびりやでおとなしい性格の持ち主!

メスのスコティッシュフォールドは比較的のんびりやでおとなしい性格の持ち主です。

同じスコティッシュフォールドのオス猫は甘えん坊でやんちゃな性格が多いですが、メス猫は子猫の時は同じくやんちゃでもオス猫より早い段階で落ち着きを持った性格に変わることが多く、他の猫に比べて運動量も少ないおとなしい猫に成長することが多いです。
年齢を重ねるにつれておもちゃへの反応も薄くなり、のんびりマイペースに過ごすことも多くなります。
このように運動量が少なくなると肥満の原因にもなるので避妊後は食事量などに気をつけましょう。

メス猫はツンデレで喜怒哀楽が少ない!

メス猫の特徴として、「ツンデレ」がよく挙げられますが、スコティッシュフォールドのメス猫も同じくツンデレな性格を持つ猫が多いです。
オス猫は常にべったり甘えん坊な猫が多いですが、それに比べるとクールなときと甘えてくるときがあり、いかにも猫らしい性格が出ています。

スポンサーリンク

また、メス猫は喜怒哀楽が少ないと言われていて、ストレスをたまっているとき、感情を表に出さずためこんでしまう傾向があります。ストレスをためこんでしまうと病気の原因になることもありますので、猫が不満をアピールしてこない分、日々の食事やお手入れで小さな変化に気を付けることが大切です。

猫の性格は父猫の性格を確認しよう!

猫の性格は父猫の性格に似ることが多いと言われています。
猫を飼う前に父猫の性格を確認することで、どんな性格の猫に成長するのかを参考にすることもできます。

子猫を飼うときはブリーダーさんにキャッテリー(猫を繁殖させている飼育スペースのこと)を見学させてもらい、父猫はどんな性格なのかと聞いておくことをお勧めします。

全ての子猫が父猫と同じ性格に成長するわけではないのであくまで参考までにしてくださいね。

最後に

スコティッシュフォールドのメスの性格についてご紹介しました。
しかし、上に紹介した性格はあくまで一般的な性格で、「比較的こういう性格が多い」というだけで、猫の性格は猫それぞれです。
人と同じで猫の性格も、遺伝や成育環境、育て方、しつけの方法や愛情のかけ方などでどんな性格になるかは関係していると思います。

スコティッシュフォールドはおとなしくて温厚な猫だという理由で飼ったとしても、実際はやんちゃで攻撃的な性格の持ち主かもしれません。のんびりやでマイペース、ツンデレな性格と聞いてメス猫を選んでも実際は活発で暴れん坊、そして四六時中甘えてくるような性格かもしれません。実際にそのような一般的な性格と真逆な猫をたくさん見てきましたし、今私が飼っている猫もそうです。

実際に飼う前から種類や特徴だけで猫の性格に理想を抱くことや期待はあまりしないで、どんな猫でも愛情を持って一緒に暮らしてあげてくださいね。

スポンサーリンク