折れ耳のスコティッシュフォールドの耳毛はカットした方がいいの?

スコティッシュフォールドは折れ耳が特徴の猫で、短毛・長毛どちらも血統種として認められています。
長毛のスコティッシュフォールドの場合は体の毛だけではなく、耳の毛も長く伸びる猫もいます。
長く飛び出しているふわっとした耳毛はとても愛らしくて可愛いですよね。
しかし、猫にとって耳毛が長いと邪魔になったり不衛生になってしまったりするのでしょうか?
そう考えて、耳毛をカットしてあげた方がいいのかと悩むこともあるかと思います。

この記事では長毛・折れ耳のスコティッシュフォールドの耳毛について、カットするべきなのかをご紹介します。

スポンサーリンク

そもそも猫の耳毛はカットしていいの?

猫の耳毛は、害虫やチリや埃などの汚れが耳の中に入らないようにする役割があります。

耳毛をカットしても動きにくくなるとこなどの障害や体調が悪くなるなどの影響はすぐには出ませんが、耳毛が少ないことで耳の中に汚れがたまりやすくなったり、虫が耳の中に入ってしまうなどの恐れがあるため、外に出る短毛の猫の耳毛はカットしない方が良いです。

しかしながら、室内飼いで、耳が折れ曲がっていることで通気性が悪くなっている折れ耳のスコティッシュフォールドについては耳毛をカットした方が良い場合もあります。

折れ耳のスコティッシュフォールドの耳毛のカットの必要性について

折れ耳のスコティッシュフォールドは、耳が折れ曲がっていることで、通気性が悪くなっています。そこに長い耳毛がもさっと生えていると、余計に通気性が悪くなり、耳垢がたまりやすくなってしまいます。
それが悪化してしまうと中耳炎を引き起こしたりします。

スポンサーリンク

そのため、あまりにも耳毛がモサッと生えている折れ耳のスコティッシュフォールドの場合は耳毛を、ある程度カットした方が衛生的にも良いと考えます。
耳毛をすっきりとカットすることで、通気性が良くなり、耳垢がたまりにくくなったという例もあります。

しかし、これは必須では無いため、必要に応じてカットするようにしてください。
また、一度カットをすると決めた場合、耳毛はすぐに伸びますので定期的にカットするようにしましょう。

注意点

耳毛をカットするだけで、耳垢がたまらなくなるわけではありません。
スコティッシュフォールドの場合は元々耳垢が溜まりやすい猫の種類ですので、耳掃除は定期的に行うようにしましょう。

また、耳垢が凄く溜まってしまうことや、猫が耳を掻きむしっているなどそういった異常があれば、病気になっている可能性もありますので必ず病院に連れて行ってください。

まとめ

スコティッシュフォールドの耳毛は、必ずしもカットが必須ではないですが、あまりに耳毛がモサッとしている場合や、通気性が悪く耳垢が溜まりやすくなってしまいがちな場合はカットした方が衛生的にも良いです。

スコティッシュフォールドの耳毛のカットは必要に応じて行うようにし、もしカットをする場合は定期的にカットを行うように心がけましょう。

耳毛を切る時の注意点と道具についてはこちらの記事でご紹介しています。合わせてご覧ください。
猫の長い耳毛をカットする場合の注意点とおすすめの道具を紹介!

スポンサーリンク