スコティッシュフォールドの子猫はいつからお風呂に入れていいの?

折れ耳が特徴でまんまるなお目目がかわいいと大人気のスコティッシュフォールド。

おとなしくて人懐っこい社交的な性格の持ち主のため、その点でも人気が高いです。

そんなスコティッシュフォールドは血統書付きの猫の中では、日本で1番飼われている種類と言われています。

スコティッシュフォールドの子猫を購入した際に、悩むことの1つが「いつからお風呂に入れてもいいの?」ということですよね。

猫のシャンプーはきれいな毛並みを保つためには必要なお手入れです。
特に抜け毛の量もそこそこ多く、ロングヘアも人気であるスコティッシュフォールドには、シャンプーは絶対必要と言っても過言ではないです。

スコティッシュフォールドの子猫はいつからお風呂にいれてもいいのか、はじめてのお風呂の適切な時期をご紹介します。

スポンサーリンク

スコティッシュフォールドの子猫にお風呂は必要?

スコティッシュフォールドは長毛と短毛どちらも血統種として認められている猫の種類です。

長毛の猫は自身でグルーミングを行なっても不十分な場合もあるため、短毛に比べて特にシャンプーは重要視されています。

綺麗な毛並みを保つためには、お尻や体が汚れてしまったり、においが気になったり、夏の抜け毛の時期などにシャンプーをしてあげるといいです。

しかし猫は水が嫌いな生き物。
お風呂は基本的には大嫌いな猫がほとんどです。

そのため、スコティッシュフォールドの子猫に限らず、今後、猫にとってストレスをより少なくシャンプーするためには、小さい頃からお風呂に慣れさせることが大切です。

お風呂嫌いな猫にさせないためにも、子猫のうちにお風呂に入れることで嫌いな水に慣れさせる目的で、なるべく早めに初めてのお風呂を経験させてあげましょう。

スポンサーリンク

スコティッシュフォールドの子猫をお風呂に入れる適切な時期

なるべく早めにお風呂に入れると言っても、体温調節が難しい生まれて間もない時期の子猫はお風呂に入れると風邪を引いたりしてしまうため、早くても生後1ヶ月を過ぎてからお風呂に入れるようにしましょう。

スコティッシュフォールドのように血統書付きの子猫は、法律上は生後2ヶ月近くならないと親猫から離すことは出来ないため、飼い始める時期にはお風呂に入れてもいい月齢にはなっています。

しかし、飼い始めたばかりの時は環境に慣れていないため、ストレスを感じやすくなっています。
その時期にお風呂に入れてしまうと、風邪を引いたりする可能性も高いですし、飼い主に不信感を抱いてしまうこともあります。

スコティッシュフォールドの子猫を迎え入れてから、少なくとも家に慣れるまで、飼い主に懐くまでは、理由がない限りはお風呂に入れるのを控えた方がいいでしょう。
目安としては家に迎え入れてから、大体1ヶ月ほどはお風呂に入れるのを控えて、様子を見つつ初めてのお風呂に入れてあげてください。

スコティッシュフォールドをシャンプーする時の注意点についてはこちらの記事に記載してますので合わせてご確認ください。
スコティッシュフォールドをシャンプーする時の注意点

まとめ

スコティッシュフォールドはロングヘアの種類も人気が高く、抜け毛も多い猫種のため、清潔感と毛並みを保つためお風呂にいれることは大切なお手入れの一つです。

子猫のうちにお風呂に慣れさせることで少しでもお風呂嫌いを克服させることが出来ます。

スコティッシュフォールドの子猫は少なくとも生後1ヶ月以上、ペットとして迎え入れてから1ヶ月が経過した頃に初めてのお風呂を経験させてあげるのがいいでしょう。

スポンサーリンク