ダイクロイックアイとはどんな目の色?オッドアイの猫との違いは?

とっても珍しい猫の目である「ダイクロイックアイ」という単語を聞いたことありますか?

オッドアイはたまに見かける左右違う目の色をしている猫のことを指しますが、オッドアイよりもっと珍しい目であるダイクロイックアイという目を持つ猫がいます。

そんな珍しい猫の目であるダイクロイックアイについて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

猫のダイクロイックアイとは

ダイクロイックアイは、1つの目の中に2色の色が分かれてる目のことを意味します。

しかし、色との間がグラデーションになっている目はダイクロイックアイとは言いません。
ダイクロイックアイは、はっきりと2色に分かれている目のことです。

ダイクロイックアイには、「中心型虹彩異色症」と、「扇型虹彩異色症」という2パターンの種類があります。

「中心型」は、瞳の周りの中心部と虹彩の周囲(外側の部分)が違う色になっている目のことです。グラデーションではなく明確に区別できることが特徴で、リング型のように色分けされます。
この中心型の場合は、通常の猫の交配で生まれることはほぼ無く、ペットショップや野良猫で見かけることはほとんどないです。

「扇型」は、1つの目の中でカットしたように色が分かれている目のことです。


必ずしも目の中心で2つに分かれているわけではなく、1/3だけ別の色になっていたりする場合もあります。
ダイクロイックアイをもつ猫の場合、ほとんどがこの扇型に分類されます。

また、ダイクロイックアイは綺麗に左右対称になっていない場合もあります。片方のみダイクロイックアイになっている猫もいます。

スポンサーリンク

ダイクロイックアイは先天的なもので、生まれ持っているものです。
普通の目の色を持つ猫が急にダイクロイックアイに変わることはありません。もし、後天的に目の色がダイクロイックアイになった場合は目の病気の可能性が高いため、病院に連れて行きましょう。

ダイクロイックアイとオッドアイの違い

オッドアイは、左右の目の色が異なる色を持つ目のことです。
猫のオッドアイは、たまに見かける程で、そこまで珍しい目の色ではありません。
オッドアイを持つ猫は、白猫がほとんどですが、稀に白猫以外でも見かけます。

ダイクロイックアイは、1つの目の中で色が2色ある目のことです。
オッドアイと違い、希少性はとても高く、販売されてる猫でも、野良猫でもほとんど見かけることはありません。
ダイクロイックアイもオッドアイと同じで白猫に見られることが多いですが、白猫以外の猫でもダイクロイックアイを持つ猫はいるそうです。

ダイクロイックアイの猫の値段は?

ダイクロイックアイの猫は、かなり珍しく、市場に出回ることはほとんどありません。
もし、ダイクロイックアイの猫が売られていた場合は、おそらくかなりの値段がつくのではないかと予想します。

オッドアイの猫の場合は、たまに見かけますが、相場とほとんど変わらない価格で売られている場合が多いです。

まとめ

ダイクロイックアイは本当に希少な目で、見かけることはほとんど無いと言われています。
そんなダイクロイックアイをもつ猫に出会った時は、とっても運が良いと思います。

私も実際にダイクロイックアイの猫を見かけたことはないので、一度は見てみたいと思ってます!

スポンサーリンク