猫の毛色「トーティシェル」ってどんな模様(柄)の意味?珍しいの?

猫の毛色で「トーティシェル」という聞きなれない言葉をたまに見かけますよね。

トーティシェルという毛色の名前は、可愛らしくてすごくおしゃれな毛色に思えますが、どんな毛色かと考えると「ん?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

私も初めて目にした時、「何だこのお洒落な毛色は!?」と思い調べた記憶があります。

そこで、この記事では、トーティシェルについて、毛色や特徴・値段について、とことん調べましたのでご紹介させていただきます。

たまに見かける猫の毛色「トーティシェル」とは、どのような模様を表すのでしょうか。
また、トーティシェルは珍しい毛色なのでしょうか?

スポンサーリンク

猫の毛色「トーティシェル」の意味は?

トーティシェルとは、日本語ではサビ猫のことを指します。

サビ猫と聞けば、どのような色か想像できる方も多いかと思います。

サビ猫を英語にするとTortoiseshell(トーティシェル)=べっ甲と言います。

英語でサビ猫のことをトーティシェル(べっ甲)と呼ばれる由来は、毛並みが日光に当たると鮮やかな「べっ甲()」の色になることから来ていると言われています。

べっ甲とは
鼈甲(べっこう)とは、熱帯にすむウミガメの一種で、色は半透明で赤みを帯びた黄色に、濃褐色の斑点があります。
べっこう飴の名前の由来も、この鼈甲というウミガメの色に似てることから名付けられたと言われています。

サビ猫(トーティシェル)はどんな毛色・模様(柄)のこと?

サビ猫(トーティシェル)とは、一般的に黒と赤のモザイク模様の毛色を持つ猫のことです。

黒と赤の毛色が混ざったサビ色が、一般的なサビ猫(トーティシェル)と呼ばれていますが、中にはグレーや薄い茶色が混ざった毛色や、黒と赤のサビ色に白い毛色が混ざった猫(トーティシェル&ホワイト)という毛色も存在します。

スポンサーリンク

サビ猫(トーティシェル)は珍しい?

サビ猫は、日本では野良猫でよく見かけるくらいの一般的な柄です。
しかし、海外では、そこまでではないですが少し珍しい柄とされていて、サビ猫が好きという愛好家もいるくらいです。

トーティシェル(サビ猫)は雑種(ミックス)では野良猫でもよく見かけるくらいの確率でかなりの数が存在していますが、血統種では日本では割と珍しい種類の猫に多いです。

●トーティシェルがみられる血統種の猫
長毛種では、ペルシャ、セルカークレックス、ターキッシュアンゴラ。
短毛種では、ブリティッシュショートヘア、マンクス、ヨーロピアンショートヘア、ドンキニーズ、バーミーズ、など。

こうみると、ペットショップでも中々見かけることが少ない猫の種類ばかりですよね。
これら以外にも、どんな毛色でも認められているスコティッシュフォールドやマンチカン、ミヌエットなどの猫でも、トーティシェルはごく稀に見かけます。

以上のことより、日本では販売されている猫に限ってはトーティシェルは珍しいと言えるでしょう。

トーティシェルの猫が好きな方は、保護猫サイトなどを見て雑種の猫を探した方が、手に入れやすいと思います。

サビ猫(トーティシェル)の性別は?

意外と知られていないかもしれませんが、サビ猫(トーティシェル)は三毛猫と同じで、染色体の関係でほとんどがメス猫です。

オス猫のトーティシェルが存在するのは、染色体異常の個体のみで、生まれてくる確率は、3万分の1と言われています。

サビ猫(トーティシェル)の値段相場は?

サビ猫だからといって、高価な値段が付いていることはほぼありませんが、先に挙げたように、日本では希少な血統種の猫にサビ猫が多いため、その猫の血統自体に価値がついて高価な値段設定になっている場合が多いです。

スコティッシュフォールドやマンチカンなどの、日本では比較的多くブリーディングされている猫の種類でも、稀にトーティシェルは見かけますが、トーティシェルだからといって値段が高く設定されていることはないです。

まとめ

猫の毛色「トーティシェル」について、ご紹介させていただきました。

トーティシェルはサビ猫のことで、雑種猫では良く見かける毛色ですが、血統種の猫では割と珍しい毛色です。

もし、「サビ猫が欲しい!」と考えている方がいれば、血統種の猫を探すよりも保護猫を探す方がお目当のサビ猫を見つけることが出来るかもしれません。

そして、トーティシェルは染色体の関係でメス猫しか生まれてこない毛色です。
ごく稀に染色体異常で、オス猫が生まれてきますが、かなり希少です。
もし身近にオス猫のサビ猫がいたら、かなり珍しい希少な猫ちゃんです!

スポンサーリンク