猫が熱中症になる条件と対策、症状(初期〜重症)、応急処置の方法

季節が夏に近づき、気温が高くなってくると、室内で飼ってる猫は熱中症になる危険があります。

人もそうですが、熱中症は誰もがなる可能性があり、進行すると命が危険になることもあるとても危ない病気です。

猫もそれは同じで、猫は人と違い自分で対策することも出来なければ、言葉を発しないため、飼い主がしっかりと見てあげなければいけません。

日々、猫が快適に過ごせるように、猫が熱中症にならないための環境をつくってあげることと、何かあった時に適切な対処を行えるように、猫の熱中症の症状と応急処置の方法について知識をつけておくことが大切です。

スポンサーリンク

猫が熱中症になりやすい条件は?

猫が熱中症になりやすい条件は、こういった条件があります。

・気温が30℃以上の状態が続く
・室温が局所的に40℃以上になる
・部屋の湿度が60%以上
・部屋内が密封され、風通しが悪い

猫をこういった条件で過ごさせないように、日中お留守番させる時は対策をしなければいけません。

また、子猫や高齢の猫、肥満体質の猫は熱中症になりやすいため、更に注意が必要です。

猫を熱中症させないための対策は?

猫が日中のお留守番でも快適に過ごせるように、しっかりと対策をとらなければいけません。

猫が快適に過ごせる環境は、人間と同じで、室温20〜25℃で湿度が50%前後です。

エアコン(冷房や除湿)をつけるなどして、出来るだけこの条件に近づける環境作りをしてあげましょう。

また、外出する時は、猫が複数の部屋を行き来できるように、ドアを開けておくことと、比較的涼しい環境のお風呂場を開放すると猫は好んで涼みにいきます。

外出時に窓を開けられる環境ならば、猫が脱走しないように対策をして窓を開けたり、換気扇を回すことも熱中症対策になります。

しかし扇風機は、猫が手を突っ込んで怪我をする恐れがあるため、回した状態で外出しないようにしましょう。

また、水分をたくさん摂ることで熱中症の予防にもなります。
猫をお留守番させる時は、猫が水を零してしまうこともありますので、水飲み場は最低でも2箇所以上用意してあげましょう。

猫の熱中症の初期症状は?

猫が熱中症になるとこのような初期症状が見られます。

●熱中症の初期症状
・呼吸の回数が多くなる
・食欲がなくなる
・元気がない(遊んだりしなくなる)
・体温がいつもより高い
・嘔吐や下痢をする
・心拍数、脈拍の増加

冷たい床にぐったりと寝転び、いつもより呼吸が浅く荒い(呼吸の回数が多い)場合や、ご飯やおやつ、おもちゃなどに反応が薄い場合は熱中症の初期症状の場合があります。

もし、先程の熱中症になりやすい条件下に猫が長時間いた場合で、上記のような症状が出ている場合は熱中症になっている可能性が高いため、すぐに応急処置を行い、病院に連れて行きましょう。

猫の熱中症(初期症状)の応急処置

熱中症の初期症状が見られる場合は、何も処置をせず、暑い中、動物病院まで猫を連れ移動するよりも、早急に出来る処置をその場で行う方が大切です。

熱中症の応急処置の方法をご紹介します。

●体温を下げる

スポンサーリンク

まずは、外に逃がしきれない体温を下げてあげることが最優先です。

猫がぐったりしている時は、お風呂場やエアコンの効いた部屋など涼しい場所へ連れて行き、体に水をかけ、団扇や扇風機などで風を送ってあげ、保冷剤・冷却剤を濡らしたタオルにくるみ、首回りや脇の下に当てましょう。

猫の体温を下げる時に、氷水は、冷たすぎて血管の収縮を引き起こす可能性がありますので、直接、猫に当てないように注意しましょう。

また、体温を下げすぎないように注意しましょう。

●水を飲ませる

熱中症になっている時は脱水症状を合わせて引き起こしている場合が多いため、体温を下げながら、水分を補給させましょう。

もし、猫が自力で水を飲むことが出来ない場合は、スポイトなどで口元に入れてあげましょう。

●獣医さんへ連れて行く

応急処置が済んだあとは、速やかに獣医さんの元へ連れていきましょう。

猫が熱中症の症状が出てから30分〜1時間以内に連れて行くことが大切です。

応急処置後に、体調が回復に向かっていても、連れて行くようにしましょう。
熱中症になった場合、動物病院でしか出来ない必要な処置もありますし、放っておくと重症化してしまう可能性もあります。

また、もしかすると熱中症ではない場合もありますので、念のため病院に連れていくようにしましょう。

猫の熱中症が進行した症状は?

先程の初期症状から更に熱中症の症状が進行するとこのような状態になります。

・口を開けてハァハァと呼吸をする
・よだれが止まらない
・目や口の粘膜が充血して真っ赤になる
・歩けない、ふらふらしている

この状態から更に進行すると、痙攣や失神、ショック状態になるなど重度な症状になり、最悪の場合、死亡することもあります。

重度な熱中症になると命を落とす危険もあります。
こういった状態になり、手遅れになる前に、早めに対処しましょう。

熱中症が重症化した場合の応急処置

重度な熱中症の場合は、猫が倒れてから30分〜1時間以内に適切な処置を行わなければいけません。

もし、1時間以内に適切な処置が出来なかった場合、障害や後遺症が残ったり、最悪の場合、死亡する恐れもあります。

そのため、飼い主は、猫の体温を下げることを行いながら、早急に動物病院へ連れて行くことが大切です。

また、猫が倒れた時に、まずは獣医さんに電話して判断を仰ぎましょう。
病院に連れて行くことと並行して、または、連れて行く前に、その場で出来ることを指示してもらいましょう。

熱中症が重症化した時は、無理矢理に水を飲ませないようにしましょう。
何より安静にすることと、速やかに病院へ連れていくことが最優先になります。

まとめ

猫の熱中症について、熱中症になる条件と対策、熱中症の症状と応急処置の方法についてご紹介しました。

知識をつけておくことでいざという時に、焦らずに適切な対処を行えるため、これまでに説明したことは頭の片隅に入れておくようにしましょう。

しかし、なにより1番大切なことは、猫を熱中症にさせないことです。

大切な愛猫が、熱中症で苦しむようなことがないように、飼い主がしっかりと室温と湿度を管理して熱中症対策をすることで、暑い夏も快適に猫が過ごせるような環境作りを心がけていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする