猫にエアコンは必要?夏場の熱中症対策と冷房の必要性・注意点は?

夏の暑い日に、猫にお留守番してもらうとき、エアコンはつけて外出するのがいいのでしょうか?

電気代の節約のことも考えて、エアコンをつけっぱなしで外出するのは少し考えてしまいますよね。

しかも猫はエアコンを嫌い、わざわざエアコンの付いていない部屋でくつろぐ子も多いです。

スポンサーリンク

猫の熱中症対策にエアコンは必要?

夏のお留守番の時、エアコンをつけたまま外出すべきなのでしょうか?

エアコンをつけるべきかどうかの判断は、真夏の昼間に室温と湿度が上がり蒸し蒸しするのかを基準とします。

猫は体温管理が苦手な動物です。

真夏の昼間に、室内が、室温40度以上になり、風通しが悪く、蒸し蒸しとしてる部屋の場合、猫は熱中症になる可能性が高いです。

その場合、エアコンをつけて外出するべきです。

エアコンをつけずに猫にお留守番させる条件

・昼間でも室温が高くならないこと
・他に涼める場所がある場合
・湿度が高くならないこと
・換気できる窓があり、風通しが良いこと
・子猫や老猫以外の猫の場合

この条件全てに当てはまらない場合は、エアコンをつけて外出するべきです。

エアコン(冷房)をつけて外出するときの注意点

エアコンをつけて外出する時に、注意しなければいけないこともあります。

・設定温度は28度以上
・強設定にしないこと
・全ての部屋のエアコンをつけないこと
・他の部屋に行き来出来るようにすること

これは必須条件です。

まず、設定温度は必ず高めに設定して、弱冷房に設定してください。
猫は寒すぎる状況は苦手なためです。

スポンサーリンク

また、エアコンを全ての部屋分つけて外出しないようにしてください。
エアコンは1箇所の部屋で十分です。

そして1番大切なことは、エアコンをつけている部屋に猫を閉じ込めないようにしてください。
他の部屋を開放し、出来ればお風呂場など全ての部屋を行き来出来るようにしてください。

エアコンをつけるとは別に必要な、猫の熱中症対策

エアコンをつけるだけでは猫の熱中症対策には不十分です。

もちろんエアコンをつけることは大事ですが、1番大切なことは、十分な水分補給を確保することです。

具体的には、猫の水飲み場を複数用意することが大切になります。

人間でも同じですが、熱中症対策には水分補給が大事になりますよね。

猫も夏場は特に水分補給をしっかりしなくてはいけません。

そのため、少なくとも2箇所以上、出来れば各部屋に水を置いておくことを徹底しましょう。

水は少なくとも朝夜と1日2回新鮮なものに変えてくださいね。

また、家の中でお風呂場は涼しい場所なので、お風呂場に水が飲めるように用意しておくと良いです。

ただし、湯船に水を張るのは禁止です。
猫が溺れてしまう可能性があります。

まとめ

猫は人間みたいに汗を出すことが出来ず、体温管理が苦手な動物です。

室温が高かったり、風通しが悪く湿度が高い部屋に長時間お留守番させると、熱中症になる可能性が高いです。

そのため、猫にお留守番させる場合、夏場はエアコンをつけて外出することがベターです。

熱中症対策のため、エアコンをつけることだけではなく、全部屋を開放し、風通しを良くすることと、水飲み場を複数箇所用意することも行いましょう。

スポンサーリンク