猫がネズミのおもちゃのしっぽを食べたかもしれない時の対処法は?

猫のおもちゃで代表的なものが「ネズミのおもちゃ」ですよね。

ネズミのおもちゃで遊ぶ姿は可愛いですし、猫にネズミのおもちゃを与えれば興味しんしん。
追っかけ回して、噛んで、パンチして、気がついた時にはボロボロになることも。

そんなネズミのおもちゃのしっぽが切れていて、探しても見当たらない時、「もしかして猫が食べちゃったのかな?」と心配になります。

猫がおもちゃを食べてしまった時、どう対処すれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

猫がネズミのおもちゃを食べることはあるの?

そもそも猫はネズミのおもちゃを食べるなんてことはあるのでしょうか。

おもちゃをまるごと飲み込むことはほとんどないですが、尻尾などが切れてしまった場合、食べてしまう可能性が高いです。

特に子猫は好奇心旺盛なため、なんでも口に入れ、飲み込んでしまいます。

そのため、ネズミのおもちゃがボロボロになって尻尾が切れてしまっていて、探しても見当たらない場合は、かなり高い確率で猫が飲み込んでしまったと考えていいと思います。

猫がネズミのおもちゃを食べた時の症状は?

●おもちゃ本体を飲み込んだ場合

もし、仮に、ネズミのおもちゃの本体をまるごと飲み込んでしまった場合は、飲み込んだモノが大きすぎて、飲み込んだ時点で吐き出そうとケポケポする筈です。

それでも自力で吐き出せない場合はぐったりしてしまう場合もありますので、おもちゃが消えた&猫の調子がおかしい場合はすぐに病院に連れて行きましょう。

そのまま放っておくと、胃や腸が詰まり、ご飯も食べられず重症化する恐れがあります。

●尻尾を飲み込んだ場合

ネズミのおもちゃの尻尾だけを飲み込んでしまった場合は、ほぼ無症状になる可能性が高いです。
というのもモノ自体が小さいため、吐き出そうとしないことが多いのです。

そして、ネズミのおもちゃの尻尾を飲み込んだ場合のほとんどは、数日後(2〜3日後)に便となって排出されます。

スポンサーリンク

しかし、ごく稀に腸などに絡まってしまい、腸閉鎖を起こしてしまう可能性もあります。
その場合は、便が出なくなったり、さらに悪化した場合は便を口から吐き出すようになります。

もし、トイレではなく、部屋の中に猫の便が落ちている場合は、腸閉鎖を起こし、便が胃まで溢れかえってしまい、口から便を吐き出している可能性が高いので、すぐに病院に連れて行きましょう。

猫がネズミのおもちゃの尻尾を食べた場合は病気にいくの?

先ほども申し上げたように、飲み込んでしまってもほとんどは便となって排出されます。
そのため、すぐに病院に行く必要はないでしょう。

しかし、明らかに便の出が悪くなったり、腸閉鎖を起こしている可能性が少しでもあれば、すぐに病院に連れて行きましょう。

猫がネズミのおもちゃの尻尾を食べた時の対処法

●目の前で食べた場合

猫が口を動かしている時は、まだ飲み込みきる前ですので口の動きを止め、口を開けて、喉の奥にある場合は
手で速やかに取り出しましょう。
飲み込んでしまった後は、飲み込んだものの大きさなどを確認し、獣医さんに相談、または小さいものだと経過観察しましょう。

●いつ食べたか分からない場合

気がついたら尻尾がなくなっていて、いつ食べたか、本当に食べたのか分からない場合は、1〜2週間程度は毎日便が正常に出てるかを確認しつつ、尻尾が便に混ざってないかを見ましょう。

こういった場合は要注意ですので、病院に連れていきましょう。

要注意チェック
・便の出が明らかに悪い
・ご飯を食べなくなった
・便の量が極端に少なくなった

まとめ

猫がネズミのおもちゃの尻尾を飲み込んでしまうことは良くあることです。

飲み込んでしまった場合は最悪の場合、腸閉鎖を起こし手術が必要になります。

猫の手術で特に多いのがネズミのおもちゃの尻尾の誤飲にある腸閉鎖の手術らしいです。

そのため、ネズミのおもちゃを放置しないことが重要です。
ネズミのおもちゃは飼い主さんが様子を見える時に猫に与えるようにするだけで、誤飲を防ぐことが出来ます。

大切な猫ちゃんのために、おもちゃの誤飲を防ぐことを常に念頭に置き、おもちゃの管理を徹底することと、猫から目を離すときは安全なおもちゃを与えるようにしましょう!

スポンサーリンク