猫の爪研ぎのしつけは子猫の時が肝心!その効果的な方法は?

猫を飼っている時、飼い主さんを悩ませる猫の行動の1つ「爪研ぎ」

猫の爪研ぎをしつけせず放って置くと、お気に入りのソファーや、大事なマイホームの柱や壁、高かった絨毯が気付いたらボロボロになってしまったりします。

しかし、目を離すとすぐ柱やソファーに爪を研ぎ出す猫ちゃん。

しかし、子猫のうちから、ちゃんと爪研ぎのしつけをしておくと、爪を研いではいけない場所で爪研ぎをしない子に育つ可能性が高いです。

スポンサーリンク

猫の爪研ぎは辞めさせられないの?

猫にとって爪研ぎは必要不可欠な習慣です。
言ってしまえばご飯を食べたり寝ることと同じくらい猫にとっては大事な習慣。

猫は爪を研ぐことで古い爪を剥がし、新しい爪へと変えていくことが出来るのです。

そのため、猫に爪研ぎを辞めさせることは出来ないです。

だからと言って猫の爪を取ったり、爪に被せ物をするのは猫にとってストレスとなりますので絶対にしてはいけません。

大事な家や家具をボロボロにされないためには子猫のうちから「爪研ぎのしつけ=猫ちゃんの爪研ぎのお気に入りの場所を見つけてあげる」ことが大切になるのです。

子猫の爪切りの効果的なしつけ方法

猫が爪研ぎをする場所を決めてあげることが爪研ぎのしつけにおいて大切になってきます。

猫は爪を研ぐ時、お気に入りの場所、爪を研いで気持ちいい場所を見つけます。

そのため、まず飼い主さんがしなければいけないことは、猫がしてはいけない場所で爪を研いだ時に叱ることではなく所定の爪研ぎの場所へ導くのとが大切です。

その具体的な方法を説明します。

家の家具に爪研ぎをさせないようにする方法

まず、家中で猫の爪研ぎをしそうな場所を爪研ぎをするお気に入りの場所として認知させないことが大切です。

●ソファーにカバーをつける

猫は爪が食い込む素材を好みます。
まず、被害を被る可能性が高いのが皮素材のソファーです。
もし家に皮素材のソファーがある場合は要注意。放っておくとボロボロになります。

ボロボロにされないために、ソファーに毛布生地のカバーをつけましょう。
そうすると猫はそこでは爪を研がなくなり、ソファーをお気に入りのベッドにするかもしれません。

●柱にもカバーをつける

次に爪研ぎの被害に遭いやすいものと言えば柱ですね。
塗装がボロボロ剥がれるような柱を猫は好んで爪研ぎをします。

猫が爪を研いでいいように爪研ぎ用のカバーをつけるか、物を置くなどして柱で爪研ぎをさせないようにしましょう。

一度爪を研いでしまうと癖がついてしまいますので、初めが肝心です。

スポンサーリンク

●絨毯をふわふわのものにしよう

絨毯にも爪研ぎをしようとする猫も多いです。
硬い素材の絨毯、カーペットは猫にとって大好きな素材。
出来れば毛の長いふわふわの素材にすると爪を研がなくなる可能性が高いです。

しかし硬い素材の絨毯だと、爪を研がれてもそこまで被害が出ませんので、お好みの問題かと思います。

どうしても絨毯で爪を研がれたくない!という方は柔らかい素材の絨毯に変えると解消されますよ。

猫専用の爪研ぎを購入する

家の家具などをお気に入りの爪研ぎ場にしない工夫をしつつ、猫専用の爪研ぎを購入してください。

猫が喜ぶ爪研ぎの例
・爪研ぎが出来るキャットタワー
・柱に取り付けるタイプの爪研ぎ
・爪研ぎポール(硬い縄で巻いてあるもの)
・床に置くタイプの爪研ぎ

こう言ったタイプの爪研ぎを複数個家に置くと猫は喜んでそれで爪研ぎをします。

部屋数が多い家にお住まいの方は、出来れば猫が行き来する部屋に1個ずつ置くのが理想です。

これとは別に安価に手に入るダンボール爪研ぎもありますが、猫がそれじゃないと爪研ぎしないって場合以外は、私の意見では購入をオススメしません。

私も昔使っていましたが、猫は気に入ってくれますが、すぐボロボロになり毎日床がボロボロのダンボールの屑だらけになり大変でした、、、
そしてそれを猫は口に入れたりすることもありました。

飼い猫ちゃんの好みもありますが、爪を研いでもゴミが出ない硬い素材の爪研ぎを用意してあげましょう。
掃除が楽になるのでオススメです!

爪研ぎをしてはいけない場所でしようとしている場合

猫が喜びそうな爪研ぎを用意し、家中爪を研がせない細工をした(またはインテリアの関係で爪研ぎさせない細工ができない箇所がある)場合でも、猫は爪研ぎをしようとする場合があります。

猫が爪研ぎを柱やソファーなど、爪研ぎして欲しくない場所で爪研ぎの体勢に入った時はすかさず猫を捕まえ、猫専用の爪研ぎの場所に連れていきましょう。

これを繰り返し行うことで「あなたの爪を研ぐ場所はここだよ」と教えてあげることが大切です。

猫が専用爪研ぎで爪を研がない場合

買ってあげた爪研ぎで爪を研がない場合はその素材が気に入らないと思っている可能性が高いです。

猫がよく爪を研ぐ場所の素材を覚えておき、似たような素材の爪研ぎを買うことで解消できることが多いです。

爪研ぎのしつけは子猫のうちから!

爪研ぎのしつけにおいて大切なのが、子猫のうちから爪研ぎを所定の場所で習慣づけることです。

もちろん大人になっても根気よくしつけすれば直る猫もいますが、一度この場所で爪研ぎが出来ると覚えてしまったら、その場所でしないようにすることは難しいとお考えください。

子猫のうちにお気に入りの爪研ぎグッズを購入し、設置することと、家具や家に爪を研がせる場所を作らないことが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする