子猫の爪切りはいつからで頻度は?切るコツは?暴れる猫の対処法

猫を飼ううえで必要なお世話のひとつ「爪切り」

子猫の爪は一体いつから切るといいのでしょうか。
また、爪切りはどのくらいの頻度で行えばいいのでしょうか。

いざ、爪を切ろうとすると暴れて切らせてくれなかったりと、猫の爪切りにお悩みの飼い主さんも多いですよね。

スポンサーリンク

子猫の爪切りはいつから?

子猫の爪は生後1〜2ヶ月頃から切り始めるのが良いでしょう。
生後間もない赤ちゃん猫の爪は切る必要はありません。

生後1ヶ月過ぎたあたりから爪を切ることで、爪切りを慣れさせることも大切です。
大きくなってから爪切りをすると爪切りを嫌がり暴れてしまい、爪を切らせてくれない可能性が高いです。

また、子猫はやんちゃで好奇心旺盛なのでカーテンなどに爪を引っ掛けて登ったりする場合もあります。
そのときに爪が長いと引っ掛けて折れてしまう危険性もあります。

そうなる前に爪切りはなるべく早い時期から頻繁に行うことが大切です。

子猫の爪切りの方法は?

猫の爪は長いからと言って深く切ると、神経が通ってますので大変痛がり、爪切りに恐怖を覚えてしまいます。

猫の爪をよく見ると2層構造になっています。
猫の爪を切るときは先の尖った部分のみです。
鋭利な部分だけを少し切る程度にしてください。

しばらく爪を切らないようにと深爪をするのは猫にとっては痛いだけなので大変なストレスとなります。
子猫のうちに爪切りは痛いと覚えてしまうと一生爪切りを嫌がってしまうようになりますので注意が必要です。

子猫の爪切りの頻度は?

子猫は大人の猫と変わらず毎日爪とぎをします。
爪切りのタイミングは爪が尖ってきそうになった時です。
チクチクに鋭利に尖ってしまった後だとちょっとタイミング的には遅いです。

どのくらい経つと尖ってくるのかと言うと、大体1週間〜10日程度と考えてください。
つまり週に1回は爪切りをした方がいいです。

鋭く尖ってしまうと家がボロボロになったり、引っ掻かれたときに怪我をする恐れもありますので、常に丸い爪を維持するように心がけましょう。

子猫の爪切りのコツは?

●爪を出すときは優しく
爪を切るときに手を持ち爪を出しますが、その時に強く押してしまうと猫は嫌がります。
もともと猫は手足を触られるのを嫌がります。
爪を出すときは優しく押してあげましょう。

スポンサーリンク

●嫌がるときは無理矢理押さえつけないで!
爪切りを嫌がり暴れたときは無理矢理押さえつけて爪切りを続行せずに、一度中断することも大切です。
子猫のうちに嫌がっているのに爪切りを無理矢理続行してしまうと、爪切りを嫌いになってしまう可能性が高いです。
あまりに嫌がる時は一旦止めて、リラックスしている時に時間を置いて再度チャレンジしましょう。

●爪切りは素早く終わらせよう!
爪切りを長引かせると猫にとってストレスになります。
素早く終わらせるようにしましょう。
かと言って、適当に切ってしまって神経を傷付けないように気をつけましょう。

●何度も同じ爪を切らないように!
1つの爪を何度も切らないようにしましょう。
正確な位置を定めて、一度で切り終えるようにしましょう。
何度も切ってしまうと深爪の原因になったり、爪切りが長引いてしまいます。

爪切りで暴れる子猫の対処法

爪切りが嫌で暴れてしまう猫もいますよね。
その対処法を何個か紹介します。

●爪切りのタイミングは眠い時がベスト!
元気で興奮してる時に爪切りをしようとすると大人しく切らせてくれません。
眠そうにリラックスしてる時にそっと手を持ち上げて切ると、すんなり切らせてくれる場合もあります。
子猫は素直なので眠い時は眠さを我慢出来ないことが多いです。
爪を切られながらウトウト寝てしまうこともありますよ。

●膝の上でリラックスしてる時に切る
人間の膝の上に乗るのが大好きな猫ちゃんの場合、膝の上でリラックスさせて切ることも効果的です。
甘えてきた時に優しく撫でてリラックスしてきたところで爪を切ると、反応をせずに切らせてくれる可能性が高いです。

●協力者がいる時は2人で
1人で爪を切ると、逃げようとした時に簡単に逃がしてしまいますよね。
もう1人家族などの協力者がいれば、1人が抱き抱えて、もう1人が手を持ち、爪を切ることが出来ます。
猫も観念して大人しく切らせてくれるときが多いです。
しかし暴れてるのに無理矢理押さえつけるのはあまり良くないので注意してくださいね!

まとめ

いかがでしたか?
猫の爪切りは大切なお世話のひとつです。
猫が生きている間はずっとやってあげなければいけません。

そのため子猫からの習慣付けが大事になります。
子猫のうちに「爪切りは嫌なこと」という印象を与えないように、優しくタイミングを見計らって一定の頻度で切ってあげることが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする