スコティッシュフォールドの抜け毛の量は多い?短毛と長毛で違う?

折れ曲がった耳とまんまるの顔が特徴で、おとなしく人懐っこい穏やかな性格をもつ大人気の猫種であるスコティッシュフォールド。

見た目の可愛さだけではなく、スコティッシュフォールド特有の性格から「猫初心者でも飼いやすい!」「マンションでも飼いやすい!」と言われていて、ここ数年、日本では1番多く飼われている血統種と言われています。

猫を飼うことにおいて気になることのひとつである抜け毛の量
スコティッシュフォールドの抜け毛の量はどのくらいの多さなのでしょうか。

また、スコティッシュフォールドは短毛と長毛どちらも存在する猫種です。毛の長さによって抜け毛の量に違いはあるのかもご紹介します。

スポンサーリンク

スコティッシュフォールドの抜け毛の量は多い?

スコティッシュフォールドはダブルコートを持つ種類のため、シングルコートの猫に比べると抜け毛の量は多い猫種です。

※ダブルコートとは、オーバーコートとアンダーコートで構成されており、オーバーコートは直射日光から肌を守る役割を持っていて、アンダーコートは密度が高い毛で保湿効果があり、体を寒さから守ってくれます。
そのため、換毛期になるとアンダーコートが抜け落ちるため、抜け毛の量が多くなります。

スポンサーリンク

スコティッシュフォールドは、換毛期になると毎日ブラッシングが欠かせないほど抜け毛が多くなりますので注意しましょう。

また、スコティッシュフォールドは柔らかい毛質を持っている特徴があります。
そのため絡まりやすい性質を持っていて、毛玉が出来たり、グルーミングで飲み込んでしまうことには注意しなければいけません。
換毛期ではなくても、抜け毛はかなり多いので、日々のブラッシングが大切になります。

長毛と短毛で抜け毛の量の違いはある?

長毛と短毛で、抜け落ちる毛の数はどちらも同じくらいたくさんありますが、長毛の方が抜け落ちる毛も長いため、質量は多く感じます。

柔らかい性質の毛を持つスコティッシュフォールドは、抜け毛の処理を兼ねて毛が絡まないように日々ブラッシングをしなければいけません。
特に長毛のスコティッシュフォールドは毛が絡まりやすく、グルーミングで飲み込むと毛玉が出来やすいため、出来るだけ毎日のブラッシングを心がけましょう。

スポンサーリンク