猫が水を飲まない理由・原因とそれぞれの対処法を紹介

猫にとって水を飲むことはとても大切なことで、水をしっかり必要量を飲むことで病気を予防できたりもします。
また、熱中症や脱水症状にならないためにも水分補給はとても大切です。

しかし、今まで水を飲んでたのに急に水を飲まなくなってしまったり、新しく家に迎え入れたけど全然水を飲んでくれないことがあります。

猫が水を飲まない理由は色々あります。
この記事では猫が水を飲んでくれない理由・原因とそれぞれの対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

猫が水を飲まない理由・原因と対処法

●水が新鮮でない
猫は私たちが思っているより神経質な生き物です。しばらく放置した水や水垢がついていたりゴミが浮いている水など、そういった私たち人が飲みたがらない水を嫌う猫もいます。
猫の飲み水は最低でも必ず、1日朝夜2回取り替えるようにしましょう。もちろん食器も綺麗に洗ってあげてくださいね!
また、ミネラルウォーターは猫に与えることはNGです。新鮮な水道水を用意してあげましょう。

●場所・器が気に入らない
飲み水を置いている場所が気に入らないことが原因で水を飲んでくれないことも多いです。
まずは色んな場所に水飲み場を作ってあげてお気に入りの水飲み場を用意してあげてください。例えば、猫がよく立ち寄る場所・くつろいでいる場所やお風呂場などに置くと飲んでくれることもありますよ!

また、入れている器が気に入らない場合もあります。例えば柄のついたものや金属製のキラキラした器だと警戒して飲まない猫もいます。もしそのような食器をお使いの方は、白のシンプルな器に変えてみることを試してみてください。
器の位置が高い・低いなどが理由で水を飲まないことも多いです。器を直置きしている方は少し高くしてみるなどお試しください。
また、小さい器でヒゲが当たることを嫌がり、水を飲まない場合もあります。器いっぱいに水を入れることや器を広いものに変えてみることも試してみてください。

スポンサーリンク

●ウエットフードを食べている
主食を水分の含んだウエットフードを与えている場合は、餌自体に水分を含んでいるため、水を飲まないこともあります。
それでもウエットフードだけでは猫の1日必要な水分には満たしていないため、出来るだけ水を飲ませた方がいいです。

●ストレス・病気で食欲がない
何らかのストレスや病気が原因で食欲がなくなってしまうことで水も飲まなくなることもあります。こういった場合は放っておくと脱水症状を引き起こしてしまいますので、様子がおかしい場合はすぐに病院へ連れて行きましょう。

ストレスが原因の場合は、そのストレスを解消しないと脱水症状を引き起こすまでずっと水を飲まないこともあり得ます。原因を考え、解消を試みるとともに、色々工夫をして水を飲ませるようにしましょう。

ストレスの原因
・新しい環境に慣れない(引越し後など)
・嫌なことがあった(病院・お風呂など)
・エリザベスカラーがついている
・新しい猫が家に来た
・遊び不足

ほとんど餌も水も食べない飲まないが続く場合、脱水症状を引き起こしていたり、肝臓や腎臓などに障害が出てくることがあります。
1日〜2日程全く食べない飲まない状態が続いた場合は病院で診察を受けるようにしてください。

まとめ

猫はとっても気分屋さんですので、場所や器が気に入らないだけで、水を飲んでくれなくなることがあります。
まずは、自分の猫ちゃんの場所や器の好みを把握することが大切です。

色々試しても全く水を飲んでくれない時は何らかのストレスか病気が原因の可能性が高いため速やかに病院へ連れて行くようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする